東京と大阪のナイトワーク求人はどのように違うの?

HOME » 全国のナイトワーク » 東京と大阪のナイトワーク求人はどのように違うの?

東京と大阪のナイトワーク求人はどのように違うの?

東京と大阪でナイトワーク求人を比較してみると、どのような違いがあるのでしょうか?
今回は女性向けのナイトワーク求人に注目して、関東及び関西のナイトワーク求人に見られる特徴を紹介したいと思います。

東京と大阪は、全国的に見て1位2位を争うほどの求人数を誇る地域です。
お店の数だけではなく、その売り上げも大きく、キャストに還元される給料もその分太いというのが都会の夜のお店の特徴です。
特に東京都の銀座にあるような一流クラブになると、一晩で数千万円を落とすようなお客さんもいるため、そういう超上客から本指名をもらうと、そのキャストには大きなリターンが返ってきます。

やはり地方のお店と比べると、そういう点において稼ぎが全然違うというのが現実ではないでしょうか?
東京なら銀座、六本木、赤坂などのクラブが有名で、大阪になるとミナミにそういうお店がひしめき合って営業をしています。
キャバクラの店は、キャストの営業力も問われる仕事なので大変ではあるのですが、基本給に歩合給が加算されるため、頑張れば頑張るほどリターンが大きくなるのが特徴でしょう。

キャバクラ以外のナイトワークでは、ガールズバーも人気があります。
TVのお笑いタレントがはまっているとコメントすることで、最近話題になっているこの職種は、夜の水商売が初めての女性でも働きやすいのが特長です。
ガールズバーで働く女性の年齢層は20代前半から後半が多く、比較的若い世代で締めています。
これより年齢層が高くなると、スナックやラウンジなどといったお店に勤める人の方が多くなるため、ガールズバーは20代前半の女性向けの職場だと言えるでしょう。

給料はキャバクラより若干落ちますが、コスプレの衣装を着て仕事をするようなところでは、時給3000円を支払っているお店もあるので、キャバクラに負けず劣らず稼げる仕事の一つだと思われます。
お店の営業形態によってはキャバクラの夜ノルマがあるところもあるので、面接の時にはどのような仕事をするのか?給料形態はどうなのかなどについて詳しく尋ねるようにしておきましょう。
ガールズバーは東京や大阪に特に多く、地方よりかはむしろ都会の方によくあるお店だと言えます。
キャバクラのように、仕事が終わった後の、自宅までの送迎もついているお店があるので、終電過ぎまでも安心して働くことができるでしょう。

このように、女性に人気のナイトワーク求人が、東京や大阪にはたくさんあります。
夜の仕事を探している人はぜひ、キャバクラやガールズバーの求人を比較して、理想のお店を見つけてみましょう。